画像検査装置(AOI)


画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

電子実装基板の光学式自動検査

S2088 / S3088 シリーズのViscom AOI検査システムは、組立品の実装欠陥を検出します。実装ラインの直後に配置可能で、コンポーネントの有無やXY座標位置、回転、極性のほかにも、ペーストの欠如やペーストブリッジを検知します。
全面検査であってもプロセス速度をできる限り低下させずに行なうことが可能です。Viscom独自のカメラテクノロジーは高い検査速度を確保しながら、最高度の検査精度を提供いたします。

メーカー情報

VISCOM

メーカーサイト:
http://www.viscom.com/jp/別ウィンドウで開きます。

S3088 flex

大型プリント基板対応の光学式画像検査

  • 508 mm x 508 mm 迄の大型プリント回路基板の検査
  • 8Mセンサーによる最高度の検査精度
  • 擬似欠陥率を最小限にとどめた高度な欠陥検出
  • EasyPro3D による迅速なプログラムの作成
  • OnDemandHR (ハイレゾリューション)による解像度の切り替え
  • 高解像カラー表示の直交および斜視図
  • 装置のセルフテストによる安定した検査性能
  • 統合検証で検査漏れなし

S2088-Ⅱ

コストパフォーマンスに優れた光学式画像検査

  • 8Mセンサーによる最高度の検査精度
  • 切替え可能な解像度 オンデマンドHR(ハイレゾリューション)機能
  • カラー評価
  • 斜め方向からの微小ピッチ検査
  • EasyPro3D による迅速なプログラムの作成
  • アルゴリズムによる検査
  • インラインAOI-システムに対する 100%の互換性
  • 正確なリニア駆動
ハードウエアS2088-ⅡS3088 flex
直交カメラモジュール 8M-CBW
画像サイズ 57.6 x 43.5 mm
解像度 23.4 μmまたは11.7 μmに切り替え
カメラの数 4
斜視カメラモジュール
解像度 16.1 μm /ピクセル (標準)、8.05 μm /ピクセル (高解像)
カメラの数 4または8
基板サイズ(Max) 420 x 457 mm (直交+斜視)
600 x 457 mm (直交カメラのみ)
508 x 508 mm
上部クリアランス 35 mm (50 mm オプション)
下部クリアランス 50 mm 40 mm (60 mm オプション)
システム寸法 (幅x奥行きx高さ) 990 x 1210 x 745 mm 1000 x 1540 x 1600 mm
システム重量 (Max) 130kg (Max) 750kg (Max)